最も重要な好印象キーワードは、「心身ともに健康的」


ビジネスシーンで相手に良い印象を与えるために、求められることがいくつかあります。そのなかで最も重要なものは、心身共に健康的であること、かもしれません。健康的だからこそ、信頼感や積極性が生まれ、それがさまざまな影響を与えます。

頼もしさ、若々しさを印象づけるためには


 自分が相手に印象づけたいイメージについて、考えたことはありますか?

ポジションや印象づけたい相手によって答えは違ってくるかもしれませんが、ビジネスシーンをメインに考えると、どんなイメージが出てくるでしょうか。

 多くの人が答えとしてあげるのが「信頼感」、さらに年齢を問わず多いのが、「若々しさ」

ですが、心身ともに健康でなければ、こうした印象を与えることは難しいはずです。

 健康志向が高まっている昨今、社員の心身ともに健康的な印象は、企業イメージも左右します。

30代前半までは何もしなくてよいかもしれませんが、40代以降になると、食事に気を遣い、定期的な運動を行うなどの自己管理をすることが必要になります。

健康的なイメージは、男女ともに年齢を重ねるほど、意識して生活をしなければ作り上げられないもの、ともいえます。

健康管理は周りの人にも良い影響を与える

 「ランニングは経営と似ている」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

そのときの苦しさや継続が大切なことが経営と共通しているということで、確かに多くの経営者がランニングを日課にしています。

「朝、早起きだ」「ランニングを継続している」「夜は炭水化物を控えている」など、健康に気を遣う姿勢は、多くの人が素直に共感でき、尊敬できるのではないでしょうか。

人の上に立つ立場であれば、その人の意識は職場の雰囲気にも大きく影響します。無理強いはせずとも、周囲の人の良い見本になれることが大切です。

 いくつになっても「若々しい」と言われる人は継続的な努力をしており、その日々の積み重ねが、自然と信頼感につながります

「健康的」「若々しい」といったキーワードは、ビジネスパーソンとして年を重ねても常に意識していきたいものですね。

Check Point

1.健康的な生活とは?
健康的な毎日を送るための、ご自身のこだわりは何でしょうか。食事や運動について、やっていること、やりたいことは何ですか?

2.不健康な生活習慣をなくす
自分が不健康だと感じるのは、どんな生活や習慣ですか?自分自身でネガティブ感じることは、少しずつでもなくしていきましょう。

3.ビジネスでの印象を明確に
健康的な生活を意識し、さらにビジネスパーソンとしてどんな印象を相手に与えたいかを明確に。これまでとは違った視点で考えられるようになります。

(Visited 1 times, 1 visits today)