スーツを長持ちさせる決め手は毎日のコレ!


スーツの風合いや素材感は、毎日のお手入れで大きく差が出てきます。スーツを長持ちさせるために大切なのは、洋服ブラシでのていねいなブラッシング。スーツを脱いだらご自身でブラシがけをする。オンとオフを切り替える毎日の習慣にしてみてはいかがですか?

天然毛ブラシでこすらずに払い落とす


 毎日着ているスーツのお手入れ、自分でやっていますか? どんなにいいスーツでも大切なのは、毎日のメンテナンス。脱いだ後、ていねいにブラッシングすることで、スーツの寿命も変わってきます。
 
スーツの素材であるウールは、外からの水分をはじきつつ、内部では湿気を吸収するという特徴があります。そのため、生地表面にホコリがたまったままだと素材の呼吸ができず、吸湿性や復元力といった機能の低下につながっていきます。

それを防ぐのが、毎日のブラッシング。洋服ブラシでほこりや汚れをこすらずに払い落とすことで、繊維を整えて、風合いを取り戻します。洋服ブラシは、必ず持っていたいキーアイテムで、静電気の起きにくい天然素材(馬毛・豚毛)のものがおすすめです。

毎日のお手入れでクリーニングを最低限に

帰宅後、上着を脱いだらハンガーにかけて、ブラッシングすることを習慣にしましょう。とくにホコリや汚れがつきやすいのは、「肩」と「後ろ襟」。「両肩」は上から下に向かって、「後ろ襟」は左右に動かして、こすらずに払うようにブラッシングします。

また、前後の「身頃」は上から下へ一定方向に、「下襟(ラペル)」は襟の裏に手を挟み込み、やさしく毛並みを整えるようにブラシを動かします。

また、シワができてしまった場合は、上着全体を霧吹きで適度に湿らせます。一晩おくと、ちょっとしたシワならば、ほとんど目立たなくなります。

ズボンも上着と同様に、毎日、ブラッシングするのが基本。シワができたり、ひざが出てしまったときには、霧吹きで適度な水分を与えて、スソを止めて下げるタイプのズボン専用ハンガーにつるしておきます。ベルトをしたままで一晩置いておけば、その重みで形も整い、シワも気にならなくなります
 
毎日の手入れをしっかりしておけば、クリーニングは1シーズンに1回でOK。どうしても素材を傷めてしまうクリーニングを最低限することは、スーツを長もちさせる秘訣ともいえます。

Check Point

1.天然毛の洋服ブラシを用意
馬毛か豚毛の洋服ブラシをメンテナンス用に1本。お持ちの方はブラシの素材を確認し、ホコリがたまっていないかをチェックします。

2.ホコリや汚れをしっかりチェック
後ろ襟部分や袖付け部分などのホコリ、見えないところの気付かなかった汚れなどがないかを確認しましょう。

3.脱いだらブラシを習慣に
帰宅後、上着を脱いだら、ご自身でブラシをかけることを毎日の習慣にしましょう。ビジネスタイムの締めくくりになりそうです。

(Visited 9 times, 1 visits today)