エイジング対策につなげる夏の髪と頭皮のダメージケア


夏の終わり頃から、肌荒れや髪の傷みが気になり始めます。これらは強い紫外線や汗、エアコンの乾燥が原因です。男女問わず、夏のダメージをケアすることがアンチエイジングにつながります。今回は紫外線をダイレクトに受けやすい、髪と頭皮のケアについて見ていきましょう。

夏を過ごした髪は、傷めないようにやさしくケア


 夏のダメージケアというと女性がする肌のお手入れと思われがちですが、日焼け止めで簡単に紫外線対策ができる肌に比べて、髪や頭皮は紫外線を直接受けることが多い部分です。

 普段から日傘や帽子で対策している女性よりも、男性のほうが夏に受けているダメージは大きいかもしれません。エイジングを気にする女性にとっても、毛髪の量を気にする男性にとっても、受けたダメージをしっかりケアすることが必要です。

 髪の毛の表面には、「キューティクル」というウロコ状になった層があります。その役割は、髪のツヤやかさを維持するのはもちろん、栄養分や水分をキープし、外部刺激から髪の中心部や頭髪を守ることです。

 キューティクルは摩擦に弱いため、強いブラッシングやタオルでゴシゴシこすると、髪表面からめくれたり、はがれたりしてしまいます。夏を過ごした髪のケアは、いつも以上にやさしくお手入れすることが必要です。

また、髪が濡れていると、ウロコ状のキューティクルが開いてしまい、無防備な状態になります。シャンプーのときは、汚れを落とすためにゴシゴシと強く洗わないことが大事です。

シャンプー後は、タオルでしっかりと水分を取った後にドライヤーで乾かします。頭皮の健康のために、髪を濡らしたまま寝ないことが重要です。

頭皮ケアですっきり、エイジングケア

 シャンプーの目的は頭皮ケアをすること、ともいわれます。

 頭皮は顔の皮膚と1枚の皮でつながっています。そのため、頭皮をしっかりマッサージすることで、顔の皮膚が下がってくることの予防につながります。

 頭皮マッサージはシャンプーのときに実践します。シャンプー剤を髪につけた後、両手の指を立てるようにして、頭全体を抱え込みます。指の腹を頭の地肌にしっかり当てて、指の腹で円を描くように動かしていきます。下から上へ、前から後ろへ動かすことを基本として、頭皮が動いていることを実感しながら頭全体をほぐしていきます。

 普段は動かしていない頭皮をマッサージすることで、頭全体がすっきりとしてリラックス効果が感じられるはずです。気持ち良さを実感できれば、シャンプーのときだけでなく湯船につかっているとき、ソファーでくつろいでいるときなどのちょっとした時間にも、マッサージできるようになります。

 頭皮マッサージは、何よりも継続することが大切です。毎日の習慣にすれば、確実に10年後の顔は違ってくるようですよ。

Check Point

1.状態に合ったシャンプー剤を使う
夏はクールタイプのシャンプーを使っていた人も、暑さが落ち着いてきたらシャンプーの替え時。乾燥が気になる人は「しっとりタイプ」など、髪の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

2.髪を傷めることはしていないかチェック
タオルで髪をゴシゴシこすったり、髪を乾かさないまま寝たりしていませんか。髪のために普段の生活で見直したほうがいいことはないか、チェックしてみましょう。

3.頭皮ケアを毎日の習慣に
髪だけでなく、頭皮のお手入れとして、頭皮マッサージを毎日することをおすすめします。むずかしく考えなくても、自分が気持ちいいと思うことを継続してやりましょう。

(Visited 9 times, 1 visits today)