「健康のために~」という会話が生む一歩進んだ関係


仕事でもプライベートでも、初対面の人との最初の会話は話題選びが重要です。初対面のときは天気など、あたりさわりのない話題が良いといわれますが、それだけでは会話も弾みません。良い関係を築くための第一歩には、こんな話題が良いかもーー。

年代を問わず会話が弾む、健康関連の話題


 会ったばかりでお互いどんな人かわからないとき、会話はあたりさわりのないものになりがちです。ここでもし会話が弾めば、その後、良い人間関係を築くことができるもしれませんよね。

近年の傾向として、年代を問わずに健康志向が高まっています。さらに自粛生活を経験したwithコロナ時代には誰もが健康への配慮をしています。

家にこもりがちな時期、健康的に見えるための生活習慣や、体型維持のためにやっていることについて情報交換をすることが増えてきました。

 初対面のとき、年齢に関係なく「健康的だな」と感じさせる人がいます。

そう感じさせる原因としては、姿勢や表情、顔色や動きなど、さまざまな要素がありますが、健康的であるということは間違いなく好印象となります。

初対面で健康的な印象を与える人は、普段から特別な習慣やこだわりをもっており、それを継続していることが多いようです。

打ち解けるための話題として、また情報交換として、健康へのこだわりについて聞いてみるのは、相手も好意的に受け取りますし、自分自身にとっても役立つ情報になるはずです。

人から言われると好反応になる声かけは?

 「若々しいですね」「姿勢が良いですね」と人から言われて、不快に感じる人はほぼいません。

「その秘訣は何ですか?」「特別にやっていることはありますか?」と質問をすると、相手も自然に、より詳しく健康へのこだわりについて教えてくれます。

 男性は朝のランニングや「炭水化物は夜8時まで」といった食事制限などをしていることが多く、女性はヨガや加圧トレーニングをしたり、発酵食品をはじめとする話題のヘルシーフードを取り入れたりしていることが多いようです。

 健康的な外見や印象は、エグゼクティブの必要条件の一つともいわれます。確かにポジションが上になるほど、健康的な外見的要素への気づかいが必要になります。

ただ会話の糸口にするだけではなく、健康へのこだわりを聞いて、それをヒントに自分の毎日の生活にも取り入れられると良いですね。それが会話も盛り上がり、より良い関係を築く足がかりとなりそうです。

Check Point

1.初対面のときの話題づくり
健康関連の話題は中高年が中心と思いがちですが、最近は年代を問わず、意識の高い人が増えています。相手に聞くばかりではなく、自分でも話題にできるネタをもつことが必要です。

2.相手への質問のポイント
相手に違和感のない言い方で、健康的に感じるポイントをほめることができると良いですね。「姿勢が良い」「顔色がいい」と言われて、不快に思う人はいません。

3.継続していることへの評価
生活習慣や運動を長く続けている人も多くいます。一番むずかしい「継続」ができていることを、高く評価することが大切です。

(Visited 8 times, 1 visits today)